おはぎを食べたかのようなお話

お彼岸といえば「おはぎ」🍁

今回は生まれて初めておはぎを作った🌾

おはぎの作り方を教えてくれたおばあちゃんは、

昔から娘たちと一緒に作っていたそう👨‍👩‍👧‍👦

「食」には「文化」や「伝統」を

伝える役割がある。

おばあちゃんに教えてもらいながら、

当時おはぎに込めた思い、

食文化を通して築かれた家族の絆など、

そんな昔のおばあちゃんの姿がふと思い浮かんだ🤲

あったかい「伝統」が受け継がれる空間で

食べたおはぎは格別に美味しかった😊

そして最近じっくり考えること、

「私は後世に何を伝えようか」

Tomochi☺︎

1 thought on “おはぎを食べたかのようなお話

  1. おはぎ、めちゃくちゃ美味しそうですー!!伝統、大事ですね✨私も親からたくさん学ぶことがあるなあと読んでて思いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA