盲点、体脂肪率

みなさんは、自分の体脂肪率をご存知ですか?

私は、おそらく、ここ10年以上、測っていませんでした。^^;

実家にいた頃使っていた体重計は、体脂肪率を測れるものでしたが、そのうち壊れてしまって、それ以降、体脂肪率を測ることはありませんでした。

職場で毎年受ける健康診断も、体重だけの測定で、体脂肪率は測りません。

そして、正直、自分にとっては体重が肝であって、体脂肪率は気にしていませんでした。

 

が、

つい最近、体脂肪率を測ってみましたところ…

30% と。

「え?!?なんか、高い気がするけど…」

と思い、ちょっと調べてみると、30%は、標準ちゃ標準だけど、値が高い部類に属しているというか、「肥満」に片足突っ込んでいるというか… という感じ。

 

「まじか!!」

という衝撃を受けております。

 

まあ確かに…、ここ3年ほどで、私は顕著に太りました。

数字は書きませんが、結構な増量です。

基礎代謝が落ちたのでしょう。

 

昔は、大食いしても、なぜか太らない時期がありました。(基本、大食いでした。)

平熱が高いから、その分、カロリー消費してたのかなとも思っていました。

ここ10年ほど、風邪とか病気じゃないけど、熱が37.5℃とかは割と頻繁で、38℃程度出ることも月一くらいでありました。

まあ、動けるし働けるけど、なんか辛いな、だるいな……って感じでした。

こんな状態だったので、コロナで、体温が取り沙汰され始めた当初、結構困惑していました。

私、どこにもいけないかも…^^; 的な。(体温でアウト)

まあ、もう長年の付き合いなので、自分の体の変化は感じられるし、風邪とか別の病気なら感覚が違うから、それを頼りにするっきゃないなと思ってましたが、

そしたらなんと、コロナの影響で、残業が激減し、公私の諸々のタスクが減り、体が休めるようになりました。

そしたら、熱も、出ても、37.3℃くらいかなってなりました。これくらいなら、全然平熱。平熱が高めの人だったら、平常っていう感じだと思いますし(知り合いでも、このくらいの人がいて。)、だるさも少なくて、体がちょっぴり楽になりました。

体もオーバーヒートしていたのかな。

コロナ は悩ましいけれど、もちろん早く終わって欲しいけど、結果、休息を与えてくださった神様に、感謝しています。

 

なんか話がズレズレなんですが、

体温は高めで、消費エネルギーはあったはずですが、過去3年ほどで、太ったという話です。

やはり、年なんでしょうねえ…。

食事量も、減ったにもかかわらず(意識して減らしてるんじゃなくて、食べたくない…^^;)、体重は増えましたしねえ….。

 

私の人生は、ぽっちゃり人生でした。

小・中学生の頃は、おばあちゃんやお母さんに、よく、「ぽっちゃりしてるくらいでいいんだよ」「健康ならいいんだよ」と言われており、「ぽっちゃりしている私」を肯定する?慰める?声かけをいただいていた感じのぽっちゃりさんでした。

「普通体型」の友達が、まじで羨ましかった…(;▽;)

一念発起して、中学2年の頃、ポテチをやめたり、チョコをやめたり、ランニングと筋トレを頑張りなどして、半年で4キロほど落としました。

それ以降、自分としては、「ちょっとぽっちゃり寄りの標準体型の人」という人生を、これまで歩んできた…はず。

減量した後、当時、測定した体脂肪率は、22%とかそれくらいだった…はず。

ぽっちゃり時代に測定した体脂肪率も、MAX28%くらいだった…はず…。

(記録は残っていないので、記憶だけど💦)

 

大人になり、いつの間にか筋肉が減り、脂肪が増えたのでしょうねえ…….

 

救いは、内臓脂肪レベル。

こちらは、標準でした。

内臓脂肪が多いと、病気のもとなので、よくないそうですが、この点では安心でした。

 

ということは、

皮下脂肪が多いという事実。

 

最近は、筋トレに励み、ランニングに励みなどしていますが、

(まめたろうさんの旦那さんの本も早く読みた〜い)

体重だけではなく、体脂肪率の適正化も目標に、筋肉をつけ、ちゃんと健康で美しい体というものを目指したいと思います。

 

皮下脂肪は、筋肉に変わるので、もしかしたら、ゆうさん、そのうちムキムキに化けちゃうかも….!?

…いや、女性でムキムキは相当なトレーニングが必要でしょうが^^;

コロナが終わって、お会いする時に、ちょっとした筋肉美を自慢できるなら…最高です。

 

 

つくば始音教会 ゆう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA