寝袋の威力

私は暖かい部屋で寝るのが好きで、寝る時も暖房をつけっぱなしにすることが多い。

でも、人一倍音に敏感なため、暖房の音が気になって眠れないことがある。

暖房をつけなくてもいいように、分厚い布団でも買おうかなと考えていた時、マイナス10度対応の寝袋を持っていたことを思い出した。

最高品質のダウンが使われているため、とても軽くて暖かい。

キャンプの時にだけ使っていたけど、日常でも使ってみることにした。

室内がひんやりしていても、寝袋の中はとても暖かい。

ファスナーを閉めると、顔の部分以外は密閉されていて、熱が逃げないし、外の冷気も入り込まない。

暖房を消しても、一晩中暖かい。

むしろ汗をかくくらい。

寝袋が汚れてはいけないので、寝袋用のシーツを購入した。

シーツは寝袋と同じ形をしていて、まずそのシーツの中に入ってから、寝袋の中に入る。

薄い生地だけど、暖かさをさらに増し加えてくれた。

つくばに住んでいた時、木造で日が殆ど当たらない家に住んでいて、冬は極寒だった。

あの頃の自分に言ってやりたい。「寝袋最高!」と。

始音教会 Miso

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA