患難を乗り越えた話。

こんばんは、そらです☁️

写真は始音教会メンバーもよく行く洞峰公園にあるバラ園🌹すっごく綺麗でした✨

私は人生30ウン年生きてきて、ものすごい苦労してきたかって言うとそうでもないんですが、自分なりにいろんな患難困難を乗り越えて来ました。

今週の礼拝での御言葉は「患難は経なければならない」ということ。患難、困難は通過点でそこを越えないと得られるものも得られないんだという話。

私にとってはやはり「摂食障害」から来る様々な心の病が一番の患難でした。

人に認められたくて、ほとんど食べずに痩せた拒食症の日々。そしてリバウンドによる過食症。

死ぬほど辛い摂食障害だった頃には2度と戻りたくはないのですが、あれがあったからこそ私は当たり前にも感謝が出来るのだなと今週の御言葉を聞きながら思いました。苦しい思いをした分、感謝が出来るようになったのは良かったのだなと。

感謝していること…❤️

朝起きて幸せだと思えること

ごはんを食べること

ぐっすりと眠れること

感謝できること

などなど。

大病したことのある人は性格が変わる、丸くなると言いますが、私も(丸くなってはないかもしれませんが、多少は削ってもらえたのかと)この病があったおかげで、今の自分があるんだと思っています。

今週、牧師先生が患難は経なければならないと教えてくださり、患難にとどまってはいけない、抜け出さないといけないんだと教えてくださいました。また、今困難で苦しんでいる人のために祈ってあげようともおっしゃっていました。

摂食障害から抜け出そう、抜け出そうとしてひたすら肯定的な言葉で導いてくださった神様。摂食障害の人って本当に今、多いけど苦しむ人が減りますように。皆幸せな心軽い人生を送れますように祈ります☺️

つくば始音教会 そら☁️でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA