なにもない間を使って演出する

こんにちは、つくば始音教会のMISUMIです

楽器を弾くときに

楽譜の音と音の間の

なにもないところの音を

どうやって弾こうか、考える

 

映画でも

台詞と台詞の間

動きが終わった後の間

次のシーンにいく間の繋ぎ

それらの中に

感情を映像や音楽で繋げていくから

 

演出家の見せどころだ

 

 

「対話」も同じで

言葉と言葉の間に

気持ちを繋げられるから

言葉を選ぶ

焦らず待つ

間を感じる

気持ちを探す

「対話」で

なにもない間を

大切に使おうとすると

相手により伝わるのと

相手の気持ちにより気づく

 

 

なにもない間を使うと

目立つようになる

ここが演出家の見せどころ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA