御心は雨の中で♪

こんばんは。つくば始音教会 みみいママです☆

関東も、梅雨明けまであと少し!ですね。

先週末の土曜は、朝から雨。

でも、外に遊びに行きたくて、ウズウズしていた長男mitto。

前の週に行った「ゆかりの森」が楽しかったみたいで、また行きたい❗️と。

その日の天気予報は❔

ゆかりの森辺りを調べると、一応13時頃には☔️マークが消えている。何とか雨止みそうだから、遊具は濡れていて遊べないかもだけど、ザリガニ釣りだけなら今週も大丈夫かな~と、見切り発車ながら・・・

先週に続いて、教会のブロガー仲間kaoさんと息子さんSくんを、誘ってみた。

車に乗ってから、mittoと一緒にお祈り。

「今日もSくんと一緒に遊べるようにしてくださって感謝します。神様が共にしてくださって、お天気も御心どおりに守ってください。楽しく、事故やけがなく、遊べるようにしてください!」

祈って、いざ出発!

そして、家を出てから10分後。途中コンビニに立ち寄ろうとしたら、、、

なんと、かなり激しい雨がザーッと降ってきた( TДT)

そのまましばらく強い雨が降り続き、止む気配もなし。

現地の駐車場に着いても、雨は降り続いている。

でも、mittoはニコニコ、楽しそうだ。

天気を気にする様子もなく、心はただザリガニ池に向かって一直線\(^o^)/

カッパを着てバケツとお手製の釣竿、スルメを持って、「先に行ってるよ!」と池の方へ駆けて行った。

末っ子イータンもカッパを羽織り、私も後から傘を差して追いかける。

池の水面には無数の雨粒が広がり、時折、水底の様子が全く見えなくなる。でも、そんな中で、よく目を凝らしてみると、ハサミをもたげている赤いザリガニたちが、チラリチラリと見え隠れしている。

mittoとSくんの2人、初めはそれぞれに釣竿とすくい網とで、別々にザリガニを捕まえていたのだけれど、、、

そのうち2人で協力して、mittoがスルメを餌に釣り上げたザリガニを、Sくんが網ですくってキャッチして水槽へ。

しばらく釣ったら、竿と網とを交換して役割交代し。

「やった!でっかいの釣れた!」

「あー、おしい~。もうちょっと!」

と、歓声を上げては、楽しそうに、どんどん釣っていく。

その様子を、お兄ちゃんたちの隣でちょこちょことついて回りながら、興味津々で覗き込んでは、目を輝かせて見ているイータン。

みみいママは、イータンが木道から滑って落っこちないかと内心ヒヤヒヤ。(mittoは2歳のとき、反町の森公園の池にダイブしてしまい、親子共々びしょ濡れで、何とも言えずくさい臭いを放ちながら帰ったことが(^_^;))

お昼過ぎに激しい雨がひとしきり降ってたこともあり、私たちの他にザリガニ釣りに来ていたのは一組の親子だけで、池はほぼ貸し切り状態。

しかも雨の効果か、ザリガニたちは、投げ込まれたスルメに反応して、面白いように沢山釣れて。

一時は、Sくんの大きな水槽が、数十匹のザリガニでいっぱいに。

(あんまり、ひしめいてて可哀想だったので・・・帰るときには数匹だけ残して、池に戻しましたが。)

mittoもSくんも、おそらく、これまでこんなに多くのザリガニを釣ったことはない!というくらいの大漁だったようで、大満足の様子。

もし晴れていたら、池にはもっと多くの人が集まって、やや密になっていただろうし、そうしたらあんなに多くのザリガニを釣り上げることは、多分できなかっただろう。

私たちは、「御心のお天気に・・・」と祈りつつ、晴れることを願っていたけれど。私たち人間と、神様の考えは、大きく違った。

神様は、私たちを愛するから、いつも私たちが考え及ばない方法で働きかけ、粋な計らいで、よくしてくださる。

神様の御心は、降りしきる雨の中で、もっと素敵に✨成されたのだった。

つくば始音教会 みみいママ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA