ほわほわ

今日は私の仕事自慢をしたいと思います!

私は運動に関わる仕事をしています

沢山のお客様が、このコロナの中でも

足しげく通って下さっています

   

私の今までの人生は

どちらかというと

芸術的なことに携わることが多く、

自分の個性は何かを作ったり

表現したりすることだと思っていました

なのでクリエイティブなことに

挑戦したいと常日頃考えていましたし

絵の勉強や、服飾の勉強、設計の勉強等

様々やってきました

仕事も、アパレル、楽器メーカー

建築関係等、いろんなことにトライ

してきました

  

しかし、どれをしてもパッとせず

給料のために仕事をしている感が

ありました。(もちろんそれも大事!)

   

しかし、今の仕事に就いてしばらく

した時に、こう感じたんです!!

『天職だ!』

  

私は、聖書を学ぶようになって

ある悟りを得ました

それは、自分の人生の使命についてです

   

『幸福の王子』という物語があります

聖書を学ぶ前から、とても好きで

それに登場するツバメが素敵だと

感じていました(何となくなのですが…)

その理由はよく分かっていませんでした。

  

しかし、聖書を学び真理を学ぶうちに

その理由が分かるようになりました

  

『私は人を愛したいし、助けを

求めている人がいるなら助けてあげたい、

救いたいんだ』と。

   

幸福の王子の物語は

人々を愛し、助けてあげたいと

涙を流す宝石でできた像の王子の代わりに

ツバメが王子の体についている

宝石や、金を貧しい人々のもとに

運び、助けるというストーリーです

  

私は、ある時お祈りをしていると

ふと、幸福の王子の物語が頭に

浮かびました

幸福の王子は、私にとって

神様やキリストをあらわしていて

私はツバメになりたかったんだと

大号泣したのを今でも覚えています

  

ツバメは、幸福の王子に恋をします

王子の清く、純粋な人を愛する心

その精神、思想、心情に

恋をしました

王子の愛に心を打たれて

その愛を背負って人々のもとに

羽ばたいていきました

  

私の使命はこのツバメのように生きること

  

だから何かを作る、クリエイティブな

仕事は人との距離が遠く

パッとしなかったのです

  

しかし今の仕事は

目の前に沢山の人がいて

自分の使命を実践できる場所

  

こんなにも多くの人から

ありがとう!

元気になった!

あなたは太陽のようね!

あなたの声が聞きたかった!

いないと寂しい!

教えてもらって良かった!

 

自分に何が出来たのか

すぐにかえってくるお仕事です

  

私の仕事は、体と心を健康にするお仕事です

  

しかし、人間には霊魂があります

本当の救いはそこにあることを

私は学んでいるので

いつかはこの人たちが

神様に出会えたらいいな!と

思いながら仕事をしています

  

今日も私は神様の愛をリュックに

背負って 神様の愛する人たちの

もとに羽ばたきます

  

今日も心はホワホワ

あたたかい!

神様の愛が私の姿

ひとつの挨拶

ひとつの声かけから

現れますように

   

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA