親へ贈る言葉

子供をちゃんと育てられなかったと感じて、心苦しく感じている親がいる話を耳にしました。

 

もっとこうしていればよかった

ああしてあげればよかった

 

振り返れば、際限はないのかもしれません。

 

 

私は、親御さんたちに、後悔と自責の念を引きずって生きて欲しくないなと思いました。

 

牧師先生も、「子供が大人になるまで肉体を育てあげたことが大きい。精神的な事は、後でも補える。」という風におっしゃっていました。(ちょっと正確な表現ではなく、申し訳ないですが。)

 

私を育てるために、自分を犠牲にして、あらゆるものを費やしてくれた両親に、今、ありがとうと伝えたいです。

今、私の肉体が生きているのは、紛れもなく、両親の愛と犠牲のゆえです。

 

 

正直、親、特に母親に対しては、「普通のお母さんになって欲しい」と思っていました。

病弱ではない。愚痴を子供に延々と聞かせない。私の友達を否定しないで大事にしてくれる。正しく私を叱ってくれる。そんな母親だったらよかったのに、と思っていました。

 

完璧な親はいないということを、成長するまで、わかりませんでした。

自分自身が完璧な人ではないことを学習して、私は、弱くもなり、強くもなりました。

 

頼るものもなく、ただただがむしゃらに私を育ててくれた両親に、今は感謝しかありません。

 

 

 

私が親御さん達に対して思うのは、

生きていてくれさえすればいい

ということ。

 

会って話ができればそれでいい。

何ができてもできなくても、生きてくれていればいい。

ということ。

 

 

家事ができなくなってしまったと自分を責めないでください。

子供に迷惑をかけると、気に病まないでください。

こんなこともできなくなってしまったと、自分を否定しないでください。

命を産み育てたその功績は、神様の前で、永遠に輝きます。

愛は、永遠に残ります。

 

 

あなたに愛されたから、私がいます。

あなたを愛しているから、私はあなたが恋しいです。会いたいです。

 

 

きっと、親は、子供が生きてくれていれば幸せなように、

子供も、あなたが生きてくれていることだけで、十分です。

だから、今を幸せに、笑って生きてください。

 

 

 

つくば始音教会 ゆう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA