ヨルダン川は意外と浅い

今日の御言葉で、「大胆に行なってこそ得る」とおっしゃったことに関連して。

 

 

大胆になれたらいいけれど、果たしてここを渡れるのか…。

自信も経験もない。怖くて体が固まっちゃう。

私の行手を阻む巨大な障害の象徴、のような「ヨルダン川」(cf. ヨシュア記)

その川の向こうには、神様が約束してくださった、乳蜜流れる、自分が望む理想世界がある。

 

…..にも関わらず…二の足、三の足、四の足…..

 

  

 

オー ノー!!

アイ ニード ボールドネス….!!

 

 

 

 

自分が渡るべき「個人のヨルダン川」がある…。

渡らないまま、避けて、よけて生活することも可能だろう。

あの辺の土地を耕して、取れる作物を摂って、家畜もそれなりに飼って…

自分の本当の夢と希望は、考えると辛いからフタをする。

ああ、完全な満足は得られるベくもない….

 

 

A h.., アイ ニード ボールドネス….

 

 

 

大胆とは、神様がおっしゃる通りに行うこと」だとおっしゃいました。

天の前では、幼子のような信仰が最強。

単に「無謀」なのではなく、「根拠」はやっぱり「神様」と、「神様の御言葉」。

「あなたのお言葉ですから」と、イエス様を信頼してその通りに行なったペテロは、本当に偉大な信仰者。

神様が共になさること一つを持って、石投げ一つで勇敢に戦ったダビデも、めちゃくちゃ偉大。

神様を信頼するからこそ、武器を捨て、大胆に行い、平和を成せる。

カッコいいぜ…

 

 

 

ちなみに、ヨルダン川は、大河ではなく、渡ろうと思えば渡れるサイズ感の川だそうです。

 

「渡れない…。 どうしても渡れない…。 天地がひっくり返っても渡れない…。」

そう思っている「あなたのヨルダン川」は、意外と浅い。スカートでも渡れちゃうよ。だから、大胆に、果敢に渡って、向こう岸をあなたの土地として踏み、あなたのものにして、大胆に行って得なさい。

 

そのように背中を押してくださる神様を信じて、大胆に行うことを決心するのでした。  

 

 

あなたの「ヨルダン川」も、きっと、浅いはず。

小さな勇気で、願いを現実に^^

 

 

 

つくば始音教会 ゆう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA