ある戦い

昔むかし、、、ではなく、つい最近のこと。

つくばのあるところで、戦いがあった。

女は、心の中で叫んだ。「ぎゃーーー!どうしよう!」

その場所は、ほとんど敵で占められていた・・・

(注:洗面器は敵ではない。彼らは雨水利用のために貴く用いられている。)

 

そのとき、女の脳裏に、ある言葉が思い浮かんだ。

”思いついたときにやりなさい”

「うっ・・・今やらなければまたできない・・・」

女の脳では、「今やれば勝てる」という結果がはじきだされた。

女は、石投げひとつでゴリアテに立ち向かったダビデのように、

鎌ひとつで敵に立ち向かった。

30分後↓

1時間後↓

女はついに勝利した!

しかし、悟った。

平素から敵を処理しておけば、
こんなに大々的に戦わなくてもよかったのだと。

・・・とにもかくにも、仕上げに、ム○デの駆除剤をまく。

(女は、寝ているときに腕の上を通り過ぎていったム○デを腕で払い飛ばし、無傷だったという伝説の持ち主であるが、さすがに家の中に彼らが登場して刺されるのは嫌なので、まく。)

ー次の日ー

女は、その場所で7センチほどのム○デの死骸を見つけた。
ああ、本当に、昨日戦っておいてよかったと、女は感謝した。

 

(作:Kao ※この話はほとんどノンフィクションです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA