私が今住んでいるところは、冬は気温がマイナス20度を下回る。外は一面キラキラの雪世界。

去年までは、冬に外で運動するのは寒すぎると思って、室内で運動するようにしていた。

しかし、今年はコロナでジムが閉まっているため、思い切って外でジョギングをしてみた。ものすごい分厚いコートを着て、ボクシングのグローブのようなサイズのフカフカの手袋をつけて。走り始めて20分したら、驚くことに汗が出てきた。四キロ走った後は、体がポカポカ。「人間の体って凄い!」と思った。

私の体とは反対に、私のスマホは動きが遅くなっていた(気温が低すぎるため)。家に帰って充電しようとしたら、「温度が低すぎて、充電できません」とメッセージが出た。


それ以来、極寒の中ジョギングするたびに、「人間の体を設計された神様凄い!マイナス20度に耐えられるなんて、人間の体は本当に神秘的だな。」と感動している。

始音教会 Miso

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA