こんばんは☆

つくば始音教会 みみいママです。

コロナウイルスもだいぶ終息に向かい、少しずつ日常が戻ってきましたね。

コロナでの3ヶ月に及んだ休校期間、子供たちと日々、長い時間を共にして一緒に過ごしながら。

子供たち一人ひとりのタラントを再発見!できた、貴重な時間でもありました。

聖書で出てくる「タラント」とは、元々は貨幣の単位で、英語のタレント(talent)の語源となったもの。神様から与えられた能力、個性や才能、を意味しています。


冒頭の絵は、3月上旬、ちょうどコロナ休校の期間に、教会の子供たちのweb展覧会に出展する機会があり、長男mittoが描いたもの。

かねてより、絵を描くことにやや苦手意識があったmittoでしたが、

楽しそうに描いている姉を横目に見ながら、

ひとたび自分も「描こう!」と決心して描き始めたら、だんだん楽しくなってきたようで。

写真を見ながら、チーターの輪郭を何回も描き直し、絵の具で塗るときも細部まで丁寧に、じっくり取り組んでいて、びっくり。

そして、描き上がったチーターの絵は、展覧会で優秀賞をもらい、オンラインで表彰式もしていただいて、またまたびっくり。

賞品にいただいた立派なパステルセットは、まだ新品のまま棚に眠っていますが(笑)

きっとそのうち、また絵心に火がついたそのとき、満を持して、

素敵に使われる日がくることでしょう。

それにしても、
「やると決めたら、極的に集中して、とことんやる。」


神様がmittoにくださった一つのタラントを再発見!できたことが、

大きな収穫でした。

そういえば2月、mittoと一緒に、つくば市の健康マラソンに親子で参加したのですが、

練習の時にはふざけてばかりで、あんまり真面目に走ってなかったmitto。

ところがいざ本番、スタートしてみたら、普段よりもかなり速いペースで、のっけからどんどん飛ばし、走る走る!!

後半は私の方が、何とか頑張ってmittoについていった感じで、最後はどうにか手をつないでゴール!

結局、普段よりも1分半以上速い記録をマークし、さらに。

まだまだ力が余ってたのか、走り終えて数分もたたないうちに、

ダーッと全力疾走❓で、友達の方へ走り去ったmittoの姿に、母、唖然、、、

mittoには、良い意味で、色々と裏切られ、驚かされることが多いです(笑)

子供たちのやわらかい脳と心に、神様がくださった可能性は無限大。

これくらいだろう、と、

大人が勝手に、その範囲を区切ってしまってはいけないな、と

思います。

定めた目標物に向かい、風を切って軽やかに走っていく、mittoのチーターのように。

私も今、自分がすべきことに、極的に集中して、熱心にやらなくては!!

2階に上がる階段の壁に貼られたmittoの絵を見るたびに、

よし!がんばろう!と、

励まされる今日この頃です。

つくば始音教会 みみいママ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA