天国のおはなし☆

こんばんは。

つくば始音教会 みみいママです。

わが家の末っ子イータンは、4歳。

よく天国のこと、神様のこと、楽しいおしゃべりを聞かせてくれます。

先日、家族で散歩していて、きれいな夕焼け空を見ていたとき。

イータン「天国の 列車はね、お空の上を 通るの。だから~、雲に着くの!」と、力説。

4歳になって間もない、ある日には、

「イータンのおたんじょう日にね、神様が、イータンのお家に来てくれたの!いっしょにおままごともして、遊んでくれたよ。お家の近くのウ◯ルシアで、お菓子を買ってくれたんだよ。」

いいなぁー。

なんて神様と親密なこと!

とある日の朝には。

イータン「夜、天国に行ってきたよ。天国の公園はね、いろんな色のペンキがあって、すべり台とか、シーソーとか、好きな色にね、変えられるの!」

(そうか、イータンの夢に出てくる天国のすべり台の色が、ピンクだったり青だったり、時によって違うのは、そういうことなのね~(笑))

イータンには、夢の中でも、目覚めているときでも、

大人には見えない、素敵な世界が見えているんだな~

と、ほほえましく、羨ましい(笑)

また、天国の楽しいお話、いっぱい聞かせてね!

つくば始音教会 みみいママ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA