幸せの感度

先日、担当した患者さんの話。

 

アルツハイマー型認知症を罹患している患者さん。

認知症は進行すると、時に人格が変化してしまうと言われている。(怒りやすくなったりなど)

でもその患者さんはとっても穏やか。

そして、些細なことにいつも幸せを感じている。

雨の日に「今日はあいにくの天気ですね〜。」と私が言えば、

「でも、大雨だけじゃないだけ感謝よね。」

トイレに連れて行けば、

「こうやってトイレで用を足せるのは幸せよね。」

よく娘さんの話をしてくれるけど

「娘は最近忙しくてなかなか会いに来てくれないけど、でもね元気でいてくれればそれだけ十分」

入院生活は普通ならストレスが溜まりやすいはずだけど、その患者さんは

入院中たくさんたくさん「幸せ」と言っていた。

とっても素敵だと思った。

幸せの感度は低い方がいい。

当たり前のことを当たり前だと思わない。

身の回りの些細なことにも目を向けて感謝する。

小さな幸せ、小さな感謝を積み重ねて生活していきたい。

つくば始音教会 peach

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA