つくばでお家時間、研究は絶景をつくる

こんにちは、つくば始音教会のMISUMIです。

新型コロナウィルス(Covid-19)という前代未聞のウィルスが

世界の景色を変えてしまった。

 

当たり前だった学校がなくなり、習い事がなくなり、

図書館や映画館が閉まり友達と遊ぶこともできなくなった。

今週までGWでしたが日常が消えてしまったあとの日々を

みなさんはどう感じていましたか?

 

最近はおでかけする代わりにおうち時間を楽しんでいる。

前回、星は私にとっての

 

「ドキドキワクワク」知らないことを発見できる辞典

だとお話しました

 

日が沈んだ西の空に金星を見つけられましたか?

前回の記事↓

https://shion-blog.net/%e3%81%8a%e3%81%86%e3%81%a1%e6%99%82%e9%96%93/38.html

 

作品作りと自分作りの期間になるといいな、

と願い健康のためにも研究している

 

 

中学1年生から10年以上は続けている日課はkmランニング。

 

いきさつのある曲に合わせながらやると

 

当時の感情が脳からからだに伝わって、壮快に朝から駆けられる!

 

感覚、考えをからだで思い起こし感動することがきる!

 

役者さんにあなたに合いそうだったらやってみてとすすめてもらい、

 

一昨年の暮れから1年と4ヶ月続けていること、反復浴。

 

3分お湯の中5分お湯の外×3回を485回続けた効果は

 

中学生の時からの低血圧、冷え性、貧脈はなくなり丈夫になった

 

俳優業は自分づくりをすることに努力を惜しまない職業だと理解!

 

そして、映像を見てしぐさや表情や声色を考察するようになった

 

考察した事を伝えたいと思って伝えると相手もちゃんと答えてくれる

 

伝える手法としては、たまにはお手紙を書く

 

 

最近、筋トレ項目に新しく加えたパーツ、胸鎖乳突筋。

 

これは真横をみた時に浮き出る筋肉で、とくにボクシング選手が

 

けがや事故防止のために鍛えている

 

顔の輪郭を美しくする筋肉でもあるようで

 

スマホ見過ぎテレワークでじっとしていると、

 

筋肉が縮んで硬くなりやすい部位だそう

 

 

胸鎖乳突筋は効果が出てきたらまたお話しします

人体だから神秘的なことが明らかになるのかな?

 

 

さいごに料理。

 

素材の味を使って、「だし」を使わずにうま味を出そう

 

と研究すると野菜や素材がもつ味がわかる

 

たけのこはあくが強い分、香りとうま味と栄養化が高い

 

あくさえ抜いてあげればアレルギー反応も出ない

 

 

たとえば、サンラータン

 

ごま油とラー油の量を調整してうま味成分が多いしいたけやたけのこを入れ、

 

食感がしゃきしゃきしたきくらげを入れ、

 

鶏むね肉を味つけして片栗粉でとじればだしは要らない

 

 

モノごとを深く考えて調べて明らかにする「研究」は

たのしみながらできるのが良い◎
明らかになるのが面白い◎
そのものの個性の味を発見!◎
努力した時の失敗には、価値がある◎

 

自分の行動から逆に教わることと相手から教わることが多いから

 

ただやるだけではなく、どうやるか、なぜやるか

HowWhyを足し算してやると

 

自分に合った方法がみえた、より易しくできた、より理解できた、

より記憶に残った、より持続できた

 

そして、足し算の答えをアウトプットすると

相手の心を引き寄せられることもある

 

私にとって「研究」は

 

絶景をつくるようなものだ

 

1日の終わりにそっとページをめくりたくなるような

 

ふと空を見上げたくなるような、

 

今まで目に留まっていなかったものが目に留まるような。

 

誰かの人生に潤いを与えられたなら、これ以上嬉しいことはない。

 

そんな作品づくりと自分づくり期間になるといいな、

 

と願う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA